2017年09月19日

AFA(全自動塗工機)は、大学の研究室でも大活躍中です!

【AFA(全自動塗工機)導入事例(NO.3)】

img20170808_01.jpg今回ご紹介するのは、
大学の研究室で活躍しているAFA(全自動塗工機)の事例です。
こちらの大学研究室では、リチウムイオン電池の研究開発をしていて、
既に他社製の自動塗工機で、アプリケーターを使用して、
厚さ25μm程度のアルミ箔に液状の材料を塗布しているとのことでした。


[課題]
AFA(全自動塗工機) に期待する機能としては、
シートの材質、液状の材料の組み合わせから、塗工スピードが超低速で安定していること
さらには、シートが固定できる装置があることなどでした。

・塗工がうまくいくスピードは、想定以上に「ゆっくり」であった。
・アルミ箔を作業台に固定するのに、意外と「手間とコツ」が必要であった。

上記のような課題を抱えながら開発を続けていたところ、
コーテックのAFA(全自動塗工機)を知り、試してみようということになった。
結果としては、2つの課題ともクリアできるということで採用が決まりました。

[AFA(全自動塗工機)採用のポイント]
・2mm/sという、業界トップレベルの超低速域での塗工が可能であること。
速度の精度(再現性)が高いこと。
・本体内蔵のバキューム機構を装備していること。
・ギャップ調整用デジマイクロ付アプリケーターが設置できること。

img20170808_02.jpg

リチウム電池の正負電極板やセパレーターの研究開発にも「AFA」は活躍しています!!

『AFA(全自動塗工機)』について、詳しくはこちらから。



posted by COTEC(コーテック) at 19:00 | Comment(0) | AFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。