2018年04月20日

EV/PHEV用パワーモジュール開発とAFA-Standaed(全自動アプリケーター) 大手自動車メーカーのモーター開発部署の導入事例

img_20180420_01.jpgEV・PHEV車種の増加や性能向上に向けて、自動車メーカーも競って研究開発を進めており、その分野は電池、モーター、コックピットまわりなど広範にわたっています。
今回AFA-Standaed(全自動アプリケーター)を納入させていただいたのは
大手自動車メーカー様のエンジン・モーター開発部署でした。

●本格的に研究開発を進めるにあたって、様々な条件での「膜づくり」を試すことのできる最高スペックの塗工機が必要になったとのことです。
自動車メーカー様のエンジン・モーター開発部署への納入事例は初めてのことだったので、
だめもとで用途をお聞きしてみたのですが、やはりというか当たり前ですが、
機密情報とのことで詳しいお話はお聞きすることはできませんでした。
ただし、塗布する基材や塗料の情報については少しだけお聞きすることができました。
営業戸村として「耐熱絶縁部材」の研究開発用途ではないかと推測しているところです。

●EV・PHEV系では、全個体電池開発のプロジェクトが立ち上がり、
それらの部署での使用頻度が急速に増大するのではという予測も流れています。
技術革新にともないAFA-Standaed(全自動アプリケーター)の関連市場もめまぐるしい速度で変化しています。

●今回は、新たな用途でのAFA-Standaed(全自動アプリケーター)可能性を秘めた事例ですね。
近未来の電気自動車開発にとっても、「均一な膜を塗る・作る」ということは重要な課題になりつつあります、
その研究開発の用途に合った提案ができるよう、日々、アンテナを張りながらコツコツ貪欲に勉強していきます。

●バードフィルム・アプリケーター×鉄板×ワニス(はちみつ程度以上の粘度)
img_20180420_02.jpg
※塗工イメージ


posted by COTEC(コーテック) at 16:08 | Comment(0) | AFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。