2018年05月02日

複層塗るのは大変!? AFAでバーコーターを回転させて塗工する特殊事例

銀インキを活用した導電性フィルムの研究開発
もともと弊社製品を色々購入して頂いるユーザーで電話の最中に相談を受けました。

困っていること:
含銀系インキを塗布して、その上に保護(コーティング)膜を塗ろうとしているのだが、
1層目の膜がデリケートすぎて、バーコーターで2層目を塗ると1層目が傷ついてしまう…
保護膜を塗るために保護する膜を傷つけるというのは本末転倒なお話ですね。
そして、ユーザーがバーコーター塗工の職人に聞いてみると
『そういときはバーコーターを回転させながら塗工するとうまく塗れるよ』
と聞いたそうで、そんなことができる卓上自動塗工機はありますか?

というご相談から始まりました。

塗工速度とバーコーターの回転数がリンクして塗工する…AFAでできるのかな?
img_20180502_01.jpg

AFAバーコーター専用ウェイトをはずした状態で走行したところ…

うまく回転しながらできました!!(笑)

AFA-Standardのバーコーターの固定の構造だったからできた事例ですね。 
実機のサンプルテストを実施頂きました。
※通常はバーコーター用ウェイトをのせて走行させますが、
2層目の塗工時はバーコーター用ウェイトをのせずに走行して塗工しました。

--------------------------------------------
【塗工条件】
・AFA-Standardマルチベースモデル+バキュームモデル+ガラスプレートモデル
・ワイヤレスバーコーター KCN-01M-400
             KCN-03M-400
             KCN-05M-400
基材:COPやPETフィルム
塗料:導電性のインク(低粘度)
乾燥後の目標膜厚:約100nm程度
塗工速度:10mm/s
--------------------------------------------

この前の展示会で挨拶に来ていただいて、現在もバンバン使っています!とうれしいお声を頂きました。
これからもお客様の『困った&大変』を解決できる提案ができるように、日々の気づきを大事にしていきたいです。


posted by COTEC(コーテック) at 19:00 | Comment(0) | AFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。