2017年08月08日

『株式会社ウチゲン』様で「CURVE-X3」メインで勉強会!(勉強会報告シリーズNo.6)

株式会社ウチゲン様は浜松市に本社をおき、塗料・塗装分野から、エレクトロニクス関連分野にいたるまで、
最先端のニーズに応えるカラーエンジニアリング商社として、国内外に拠点、営業所を展開されています。
楽器、オートバイ、自動車の産業が大きく発展した浜松の地域特性に根ざした
積極的なモノづくりに応えることにより、社業を発展されています。

img170802_01.jpg
株式会社ウチゲン http://www.uchigen.co.jp
 
当日は、各拠点の責任者・部門長の皆様が一堂に会する重要な定例会議に、
コーテック勉強会のために1時間の枠を設けていただきました。
ご尽力頂いた“経営企画室の山田様”ありがとうございました。

img170802_02.jpg

当初は、コーテックに注力3大商品について均等の時間配分でご説明しようと考えていましたが、
ウチゲン様の設備の部門でも、すでに「CURVE-X2」ご使用いただいている関係もあり、
新製品の「CURVE-X3」への関心が高く、出席者の皆さんから、
それこそ「芯を食った」質問の応酬が続き、
その質問にお答えしながら「CURVE-X3」とそのソフトなどについてのご説明をするという勉強会スタイルとなりました。

img170801_03.jpg

とりわけ、皆さんが強い関心をお持ちだった内容は以下の3点でした。
 1.断熱BOXのラインナップが豊富である
 2.データロガー本体の操作性の良さ
 3.データ管理ソフトの機能性
※プローブのラインナップの豊富さも改めて評価いただきました。


今回はCURVE-Xをメインでしたが、勉強会全体を通して、炉内温度測定器だけでない、
膜の膜厚管理や密着力、硬さ、光沢、それに塗料の粘度管理など、
『塗膜検査測定トータルサポートができるコーテック』を改めて知ってもらうことができました。


※戸村の気付き!
やはり、現場で実際にお使いになっている皆さんの質問はあたりまえですが、
さすがに鋭くて、応える自分にも、新たな気付きをもたらしてくれます。
今日のようなスタイルの勉強会をひとつでも多く開催していけるように頑張りたいと思います。


勉強会についてのご相談は、コーテックの戸村(トムラ)、川喜多(カワキタ)までご遠慮無く連絡してください。
全国津々浦々、出かけてまいります。
-------------------------------
電話:03-6913-6528
FAX:03-6913-6529
e-mail: info@cotec.co.jp
-------------------------------


※戸村の寄り道
勉強画が終わって次のアポイントへの移動途中に、豊川稲荷に参拝してきました!
平日とあって人影もまばらでした。豊川稲荷は神社ではなくて、曹洞宗の寺院だそうですが、
商売繁盛の神として知られているとのことなので、もちろん「商売繁盛」をお願いしてきました!

img170801_05.jpg
img170801_06.jpg


タグ:勉強会 CURVE-X
posted by COTEC(コーテック) at 08:00 | Comment(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月27日

コーテック株式会社 2017年夏季休業についてのお知らせ

8/11(金・祝)〜8/16(水)までコーテック株式会社は夏季休業となります。

WEB上の販売対応につきましてもお休みとなりますので、
お問い合わせ等の回答・返信については
8/17(木)〜の対応となります。

何卒よろしくお願い致します。
posted by COTEC(コーテック) at 13:26 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月24日

「ハイブライトLEDグリーンライト」販売終了のお知らせ

弊社より販売をしておりました「ハイブライトLEDグリーンライト“GOMIKKERU(ゴミッケル)”」の販売につきまして、生産終了、在庫終了となりましたため、販売を終了とさせていただきました。

何卒よろしくお願い致します。


posted by COTEC(コーテック) at 13:51 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月29日

「TQC Ideal Finish Analysis Ver.7.0」最新版のご案内

「TQC Ideal Finish Analysis」の最新版がリリースされました!
(2017年6月17日より開始)

ソフトのバージョンを最新版にすることにより、
ライセンスキーが不要なります。

また、日本語対応となりました!

TQCホームページ内にてソフトをダウンロードできます。


posted by COTEC(コーテック) at 15:06 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月12日

全自動フィルムアプリケーターのコンパクトサイズ!! 機能限定バージョンによりお求めやすい価格で新登場!

新製品のご案内です!

「AFA Compact (エー・エフエー コンパクト)」
2017.07発売予定

img_170609_01.jpg


★3大特徴★
  1. コンパクトサイズ→最大テストチャートA4サイズながら、軽量で持ち運び可能
    D335mm✕W400mm✕H190mm NET重量 11.5kg
  2. AFA同等の、高精度な速度設定と低速域での走行安定性
    1〜150mm/s (1mm/s刻みで設定が可能)
  3. 魅力的な価格設定、用途に応じて「バキュームプレート」などのカスタマイズも可能
詳細な仕様については弊社ホームページをご参照ください
>詳細はこちらをクリック![別ウインドウが起動します]<

尚、近日中に「無料レンタルサービス」の予約受付も開始いたします。

img_170609_02.jpg

●思い通りの「膜」を作りたい!
開発や生産の現場では「卓上コーター」「自動バーコーター」「全自動塗工機」などと呼ばれることも多い「全自動フィルムアプリケーター」は、いまや食品・化学・材料・化粧品などの開発現場における、さまざまな「膜」を作るニーズへの対応が期待されています。

●塗工による「膜」づくりの失敗原因は…
塗工が失敗する原因は複数ありますが、多くの場合は、アプリケーターの移動速度が適切でない、あるいは速度にバラツキがあることによります。
その結果「塗膜にスジ状の模様が入ってしまう」「凹凸がある」「膜厚が不均一になる」「塗るたびに微妙に膜厚が違う」…などの問題が起こります。

●8割以上のお客様が「超低速域での塗工安定性」必須としています!
コーテックのAFA(全自動塗工機) を採用されたお客様の8割以上の皆さんは、超低速域での走行性能が、機能性塗膜の開発にとって必須条件であるとしています。2〜500mm/sの速度域を1mm/s刻みで、任意に設定できる特長を高く評価していただきました。加えて『設定速度の再現精度±1%』『コンパクト設計』は、多くの皆様から待望されていた新製品「AFA Compact(エー・エフ・エー・コンパクト)」にもしっかりと踏襲されています。


お問い合わせについては、コーテック株式会社まで…!
*****************************
コーテックHP
http://www.cotec.co.jp/

TEL:03-6913-6528
FAX:03-6913-6529
E-mail:info@cotec.co.jp
*****************************

タグ:AFA
posted by COTEC(コーテック) at 19:09 | Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月31日

光で膜厚を測る。世界初!非接触の粉体塗装用膜厚計の情報です

営業の戸村です。今日は、勉強会でも関心の高い「Powder TAG」(パウダータグ)を紹介していきます!
詳しいスペックなどは「新製品紹介パンフレット」にしています。
このページからもダウンロードできます!
詳しく知りたい方は利用してくださいね。

★新製品「Powder TAG(パウダータグ)紹介パンフレット」こちらから★


【非接触粉体塗装用膜厚分析計 Powder TAG(パウダータグ)】
加熱硬化炉に入る前に、適正膜厚であるかどうかを判断できるため、不良品の発生を未然に防ぐことができる。

img_170530_01.jpgPowder TAG(パウダータグ)はこんな悩みを解消します!

 1.塗膜過多は塗料のムダ!
 2.膜厚の過不足に起因する不良は多種に及ぶ!
 3.不良品による改修コストが収益を大きく圧迫する!


●特徴
1.「赤外線フォトサーマル方式」を応用した世界初の量産型ハンディ膜厚計
2.プローブを測定対象物に触れることなく非接触で素早く測定が可能
3.3つの赤色LEDポインター3点が交わったときが最適距離だとわかる適正測定
4.距離ガイドにより測定精度が飛躍的に向上(図1)
5.R形状やエッジ付近でも正確に測定が可能

●導入事例
1.オフィス家具(鋼製家具)などの膜厚不足(スケ)の防止
2.新規品のレシプロ自動塗装による条件出し
3.ハンドガンによる大型塗装品における膜厚管理の精度向上
4.補正塗装における塗り過ぎの防止
5.模様塗装などの意匠性塗料の膜厚管理

<第1図 3個の赤色LEDポインターにより、最適な測定距離をガイド>
img_170530_02.jpg

<第2図 使用イメージ例>
img_170530_03.jpg

まずはお気軽にお問合せください。
本機の特性を把握するために行った実験レポートを弊社HPにて公開中!

★新製品「Powder TAG(パウダータグ)紹介パンフレット」こちらから★

●詳細は
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-22 ヤマギビル4F
TEL:03-6913-6528
FAX:03-6913-6529
Email:info@cotec.co.jp
HP:www.cotec.co.jp
コーテック潟Jスタマーサポート部へ

posted by COTEC(コーテック) at 08:00 | Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月24日

カーボンナノチューブの膜厚を安定したい!  AFA(全自動塗工機)導入事例(NO.2)

img_170524_01.jpgAFA(全自動塗工機)へ の問い合わせは、私たちの想定をはるかに超えたかたちでやってくることがあります。
今回ご紹介するのは“電気自動車用のリチウム二次電池を開発されているメーカーさん”からでした。
テフロンシートにカーボンナノチューブ分散液を均一な膜になるように塗工する作業が安定しないということで、その改善に取り組まれていました。



【課題】
AFA(全自動塗工機) 導入前は、テフロンのシート上に、
液だまりアプリケーターを使って手動でカーボンナノチューブ分散液を塗工していたが、
作業結果が不安定であったということで、その状況をまとめてみると…
  • 手動だと均一に塗ることができない(成膜できないことがある)
  • テフロンシートの固定に問題がありそうで、膜厚が均一にならない
  • もっとも重要な同一膜厚の再現性が得られない
結論としては…
手動では上記の条件に最適な塗工速度を安定的に再現することができていなかった
ということになります。

【AFA(全自動塗工機)採用のポイント】
  1. テフロンシートにカーボンナノチューブを塗工するには、液だまりコーターを低速(2mm/s〜10mm/s)が最適な速度であった。
  2. AFA(全自動塗工機) であれば、上記の低速塗工が容易に再現できる。
  3. 速度調整が1mm/s刻みで設定できるので、塗工条件の変化に対応できる
  4. 本体内蔵のバキューム機構で、テフロンシートを固定でき、素地の状態による膜厚の影響を抑えることができた
  5. アプリケーターの多様なラインナップがあること
img_170524_02.jpg

▲今回ご紹介するのは、電気自動車用のリチウム二次電池を開発されているメーカーさんです(写真はあくまでもイメージです)

※戸村の教訓(心のつぶやき)
「納得のセールスポイント(製品特長)」は
お客様が教えてくださる!
…ことのほうが多いです。

posted by COTEC(コーテック) at 19:50 | Comment(0) | 導入成功事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月18日

印刷用インキの品質管理に活用! AFA(全自動塗工機)導入事例(NO.1)

img_170518_02.jpg勉強会に伺った商社の営業の皆さんからいただく質問で多いもののひとつに
「この商品は、どのような業種と部署の、どのような問題解決のために導入されているのか?」があります。
そこで、ブログにあげてさしつかえない範囲で、COTEC注力商品の
導入成功事例の紹介シリーズも始めていくことにました!

印刷用のインキを[研究、生産、販売]している会社の事例です!
こちらの会社では、お客様指定の包装紙印刷用の特色(指定色という意味です)の品質管理、とりわけ再現性と、確実性を確保するために、AFA(全自動塗工機)を導入されました。

【課題】
これまでは、バーコーターを手動でひいて作業をしていたので、
塗工する人によって仕上がりにバラつきが出てしまうことがあり(見た目の色味が違う)、困っていた。
グラビア印刷用のインキ製造の品質管理の際に、再現性が異なる場合の理由が、
塗料なのか、作業者なのか、どちらなのか?という問題が常につきまとっていたとのことです。

【AFA(全自動塗工機)採用のポイント】
  1. AFA(全自動塗工機)の速度調整が、高速域(200〜500mm/s)でも安定しており、使用するバーコーターとの組み合わせで、見本となる色出しの仕上がりに最適な条件を見つけることができた。
  2. AFA(全自動塗工機) の塗工速度の精度と再現性が安定している。
  3. バーリフター(塗工終了時にバーコーターが所定の場所に収まる装置)と、シートを安定させるクランプ機能による、作業効率の向上。
img_170518_01.jpg
▲普段なんとなしに手を取っている商品のパッケージや、いつも荷造りしている段ボールのロゴにも
インキが使用されています(写真はイメージです)

色の仕上がりの品質管理にAFA(全自動塗工機/全自動フィルムアプリケーター)が活躍しています! 

※戸村の教訓(心のつぶやき)
問題解決の糸口は、いつでも現場にある!
(当たり前だけど、本当にそうなんです)

posted by COTEC(コーテック) at 19:55 | Comment(0) | 導入成功事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする